腸内の菌が幸せを呼ぶ⁉~人生をハッピーにする秘訣~【腸内細菌の関わり】

スポンサードリンク

前向きにポジティブ思考には、「脳や心の逞しさが大切」、とイメージしがち。

しかし実は腸内の細菌が深く関わっています。未知なる腸の力を紹介します。

 

腸内細菌が幸せを呼ぶ

私たちが幸せを感じる時、脳内の神経伝達物質が働き「ドーパミン」が喜びや快楽を伝え、「セロトニン」がやる気や元気を引き起こします。

しかしこれらの物質は別の場所で作られているのです。

腸内の善玉菌が食物繊維を食べビタミンを生成し、幸せの元である物質「前駆体」作り出し脳に送ります。

つまり腸内細菌のバランスが好調だと毎日がハッピーに感じるのです。

 

今、腸内細菌減少の危機

昔と比べ食生活が大きくかわり、菌を弱らせる電磁波などの影響により、腸内細菌は減少しつつあります。

腸内細菌のバランスが乱れると、ネガティブ思考になりやすくストレスを感じやすくなるのです。

腸内細菌の寿命は「たった一日」です。

日々をハッピーに過ごすには、腸内細菌の好物である「食物繊維」を毎日摂るようにして菌を量産することが大切です。

そして善玉菌の助けになり悪玉菌を抑える「発酵食品」を摂るのも欠かせません。

細菌のそれぞれの働きを活かすために腸の調子を整えること。

スポンサードリンク
たった3秒でぽってリップ【Chutea(チュティ)】
前田のぞみプロデュースのリップ美容液です。SNS中心に販売数が増えています。
植物幹細胞を配合しているため、唇をケアしながらしっかり保湿できる商品です。

幸せを呼ぶ腸内の働きを知ろう

善玉菌

 

腸内を清潔に保ち、有害な菌をやっつけてくれる。
・乳酸菌
・ビフィズス菌
腸を動かしたり、ビタミンB群などの物質を作ったりします。

 

オリゴ糖・食物繊維

 

善玉菌のエサとなり環境を良くします。
オリゴ糖、海藻や果物に含まれる水溶性食物繊維は善玉菌を活発にし、腸内細菌の数が増えやすくなります。

 

悪玉菌

 

有害物質を作り出しますが、必要な役割もあります。

生活習慣病の原因となる物質を生成する悪玉菌は、ビタミンB群を作り、O-157などから守る大切な役割もあります。

日和見菌

 

腸内の細菌で最も多いのが日和見菌です。

腸内の環境が良いと善玉菌を加勢し、逆に不調だと悪玉菌を加勢してしまいます。重要な細菌です。

ドーパミン

 

食物に含まれるアミノ酸と腸内の乳酸を使ってドーパミンの原料「前駆体」を合成し脳に送られ喜びや快楽を感じます。

 

セロトニン

 

食物に含まれるアミノ酸と腸内の乳酸を使ってセロトニンの原料「前駆体」を合成し脳に送られ、やる気や元気を引き起こします。

 

さいごに

 

人生をハッピーにするためには、腸内細菌の働きが大きく関わってきます。

腸内の環境を良くし、腸内細菌を増やしていきましょう

 

人生をハッピーにする秘訣~腸内の菌が幸せを呼ぶ②~【腸内細菌を育てるポイント】

スポンサードリンク

シェアをしてみんなに広めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください