人生をハッピーにする秘訣~腸内の菌が幸せを呼ぶ⁉②~【腸内細菌を育てるポイント】

スポンサードリンク

 

前向きにポジティブ思考には、「脳や心の逞しさが大切」、とイメージしがち。

しかし実は腸内の細菌が深く関わっています。

前回記事
人生をハッピーにする秘訣~腸内の菌が幸せを呼ぶ!?~【腸内細菌の関わり】

幸せを呼び込む「カラダ」は健やかな腸内細菌によって生まれます。

その為に、健全な腸をつくる習慣を意識してみましょう。

今回は、腸内細菌を育てるポイントを紹介します。

 

幸せを呼ぶ習慣

 

まずは3週間試してみて、カラダの変化を感じてみましょう。

朝食を和食に

日本人が代々と食している発酵食品の醤油や味噌、納豆やお漬物などは善玉菌を増やす植物性乳酸菌が豊富です。

毎食の朝食に、「豆腐とワカメのみそ汁」「納豆」に置き換えるだけで、大豆のオリゴ糖や海藻と納豆に含まれる水溶性食物繊維と善玉菌の大好物が豊富に摂取できます。

幸せを呼ぶ物質の「セロトニン」「ドーパミン」を増やしてくれます。

 

乳酸菌を摂ろう

前記事で紹介しましたが、腸内細菌の寿命は「たった1日」です。

菌の数を減らさないために、ヨーグルトなどで乳酸菌を含んだ食品を日常的に摂る必要があります。

乳酸菌は腸に届くまでにほとんどが死滅してしまいますが、その溶液が働きをサポートするので無駄にはなりません。

スポンサードリンク

加工食品は極力避ける

加工食品のほとんどに合成保存料が使われています。

人体には影響はないと言われていますが、腸内細菌の増殖を妨げる恐れがあります。

 

しっかり野菜を食べる

 

パソコンやスマホなどの電磁波で発生する活性酸素は腸内細菌を弱らせてしまいます。

その為、緑黄色野菜を毎日しっかりと摂るようにしましょう。

スポンサードリンク

食物繊維が豊富

規則正しく睡眠をとる


腸内細菌は寝ている時がもっとも活発に働きます。

質の良い睡眠をとり体内時計を整えることで腸内細菌はより活発に働いてくれます。

目覚めが悪い…日中も睡魔が…【快眠のヒント】メカニズムを知ろう

カラダを温める

 

低体温だと腸内細菌の働きが弱まります。

カラダはできるだけ冷やさないようにすることが大切です。

お腹の冷えが気になる方は、カイロなどで温めると良いです。

スポンサードリンク

カラダを温める漢方

さいごに

 

健やかな腸内環境を作る為に紹介したポイントを習慣にしてみましょう。

腸内細菌がいきいきと働き出したら、毎日が前向きに生活でき幸せがいっぱい近寄ってきてくれます。

スポンサードリンク

シェアをしてみんなに広めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください