日常でも役に立つ【地震防災対策】~雑貨篇~

スポンサードリンク

日常でも役に立つ【地震防災対策】~雑貨篇~

ここ数年、頻繁に発生している大地震。
つい先日も北海道で発生し、防災意識が高まっています。
そこで今回は日常でも使えて便利なグッズを紹介したいと思います。

これから先一層地震が発生していく!?

2010年以降、日本では震度6強以上の地震が、東北、熊本、北海道と3度も起こっています。
内閣府・中央防災会議で2012年に発表された資料によると、首都直下地震の30年以内発生率は70%南海トラフの30年以内発生率も80%に引き上げられました。
防災グッズは個々で必ず備えておくべきなのです。

防災での常識を知る

 

在宅避難の備え

在宅避難での困ること

・電気が止まる
・ガスが止まる
・トイレが使えない
・お風呂に入れない
・寒い又は暑い
これらの対策を考えておく

ローリングストック

日常で使える水や食料など消耗品を多めに備えておき、古いものから普段使用して減ったものを買い足ししていくことで賞味期限切れを防いでいく。

備え→日常で使う→買い足すのローテーション

火の始末よりも身の安全

地震が起きた時、火の後始末をするのが安全かと思うが、大地震の場合は危険のリスクの方が大きくなります。
震度5以上の場合ガスメーターは自動で止まるので、まずは身の安全を確保する方が優先するべきです。

・机の下に入る
・手すりにつかまる
・かがむ

もしも火事になった場合はスプレータイプの消火器を

 

備えておきたい防災グッツ~在宅避難~

ライフラインが復旧するまで、あると便利なもの

衛生面

携帯トイレ

 

排泄物などを固めて匂いを防ぐ携帯トイレ

災害時の他にも車での渋滞や乗り物酔いの緊急時でも役に立ちます。

応急処置セット

 

これだけで基本的な救急道具が揃います。
応急処置のできるアイテムは日常でも必須です。

液体歯磨き

水がなくても、口内ケアができます。
歯肉炎や口臭予防、虫歯の原因菌に作用する殺菌成分など日常でも使えるアイテム。

 

ガス対策

ガスが復旧するまで一カ月以上かかる可能性があります

 

ガスコンロ

風対策に特化しており、風がある屋外でも使用することが出来ます。
アウトドアでも便利なグッズです。

 

停電時

停電時でも視界が見渡せるように必要なライト

 

ヘッドライト

持たなくても手元や足元を照らす事ができる強力なライト。
夜での犬の散歩でも利用すると便利なグッズです。

 

保安灯

普段では足元灯として使用でき、非常時でも周囲が暗くなると自動点灯する照明器具。
バッテリーが内蔵されており停電時でも20時間以上使用できます。

 

火災対策

 

住宅の場合、火災は自分だけでなく近隣の住民にも被害が及ぶこともあります。

備えは必須です。

 

スプレータイプ消火器

お酢をベースにした食品添加物の成分で作られた消火器なので、後片付けがさっとふき取るだけで済みます。
コンパクトでかわいいのでインテリア感覚で設置できます。

 

感電ブレーカー

 

電源を遮断し再通電による火災を未然に防ぎます。

さいごに

災害時でも普段に近い生活を過ごすためにも災害の時に役に立つ雑貨を選んで備えておきましょう。
次回は食料篇を紹介します。

スポンサードリンク

シェアをしてみんなに広めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください