縁起の良い料理【おせち】 込められた願い

スポンサードリンク

縁起の良い料理【おせち】 お正月に込められた願い

お正月といえばおせち料理。

色鮮やかでご馳走がいっぱい詰まっており、家族や親戚と食卓囲んでいただいていると思います。

それぞれの料理には縁起が込められています。

今では簡単に購入でき、便利になってきましたが、やはり一品でも作ってみたいものですね。

手作りのおせち料理は、それなりにご利益もあると思います。

今回は、おせち料理それぞれの込められている縁起を紹介していきたいと思います。

 

 

おせち料理

 

おせち料理はもともと神様にお供えするための料理です。

神様にお供えをして、それをいただくことにより、家族の幸せを願うのです。

 

重箱

 

重箱には、めでたいことを重ねるという意味が込められています。

重箱の詰め方は二種類ありますが、今はほとんどが三の重までのおせちが使われています。

 

重箱の詰め方

 

五の重の場合

 

一の重 祝い希
二の重 口取り
三の重 焼き物
与の重 煮物
五の重 控えの重(なにも入れません)

 

三の重の場合

 

一の重 祝い希、口取り
二の重 酢の物、焼き物
三の重 煮物

 

それぞれの込められた縁起

 

一の重

数の子
ニシンは多くの卵を生むことから、子宝に恵まれ、子孫繁栄を願います。

田作り
江戸時代、いわしは田の肥料として使われていたため、豊作祈願を願います。

黒豆
真っ黒になるほど健康で、マメに働き、マメに暮らすことを願います。

たたきごぼう
ごぼうのように根を深く張り、たたいて身を開くことで開運を願います。

海老
腰が曲がるまで長生きを願います。

紅白なます
紅白でめでたく、祝いの水引を表現します。

栗きんとん
栗は勝ち栗と呼ばれる縁起もの。
栗金団と書き、商売繁盛、金運上昇を願います。

紅白かまぼこ
年神様を表す形をしており、紅は魔除け、白は清浄を表します。

 

二の重

昆布巻き
喜ぶにかけて。昆布の繁殖力の強さから、子孫繁栄を願います。

伊達巻
巻物に見立てて作り、知識や文化の発達を願います。

菊花かぶ
菊の葉をあしらった縁起物。

ぶり
ぶりは出世魚。立身出世を願います。


めでたいにかけて。祝膳には欠かせません。

 

三の重

煮しめ

れんこん 将来の見通しがきくように

里芋 子孫繁栄

ごぼう 根を深く張り代々続く

さまざまな野菜を一緒に煮るところから、家族が仲良く結ばれますようにとの願いが込められています。

 

さいごに

 

おせちは一品ずつに縁起が込められています。

正月はみんなで食卓を囲みおせちをいただきましょう。

スポンサードリンク

シェアをしてみんなに広めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください