人間関係がうまくいかない…【自然な気配り美人 】これを身に着けて憧れる存在に変身

スポンサードリンク

人間関係がうまくいかない…【自然な気配り美人 】これを身に着けて憧れる存在に変身

学校や職場の中に必ず一人はいる、自然な気配りができる人目置かれた存在。

憧れますよね。いざ真似てみようとしてもなかなか自然にできません。

今回は自然な気配りの出来るコツをご紹介していきます。

 

気配り美人になると・・・・

 

人間関係が良くなり、余計なストレスが起きなくなる。

人見知りが克服でき、誰ともすぐにうちとけられる。

人に喜んでもらえることで、自分もいい気分になれる。

すてきなオトナになり、異性関係なくモテる。

 

気配り美人になるための心構え

相手基準に行動

気配りの上手な人は、常に気配りしようとしているつもりはありません。

どんなことを頭に入れているかというと、相手の喜ぶ顔が見たいという気持ちを考えて毎日を過ごしています。

自分を基準ではなく、相手が喜ぶかを基準にしていってほしいです。

 

ひと手間をかける

近代化が進み、デジタルが当たり前な生活だからこそ、アナログな行動をとっていきましょう。

SNSではなく、あえての手紙やメモ書きにすることで、印象に残りやすくないます。

 

自然体に

わざと押しつけがましくされたら、人によってはうっとうしく感じます。

自分がやりたいことではなく、相手がやってほしいことを自然に行動に移せるようになりましょう。

 

自然と打ち解けていく気配り

初対面の人や先輩、上司などと打ち解けるには

自分から言葉を発して緊張を解く

2人っきりの場面が訪れ、緊張間で空気がピリピリと・・・・

こんな時は素直に自分の気持ちを言葉にして話しかけてみましょう。

自分が緊張している場合は、相手もきっと緊張しています。

「緊張するね」という言葉を相手に伝えることで、相手の緊張を解くきっかけになります。

 

名前をなんども会話に入れる

たとえば自分の名前をなかなか覚えてくれない人がいると、不愉快な気分になりますよね。

逆に初対面から名前を呼んでくれる人だと、親近感も沸き、安心できます。

会話の中に「○○は、~」と名前を組み込んでみましょう。そうすることで距離感が縮まり好印象が残ります。

また相手の名前を忘れる防止にもなります。

 

先輩には質問で会話をはじめる

先輩と話す時の話題作りとして、質問を問いかけてアドバイスをもらうのもいいと思います。

相手側も頼られて悪い気はしませんし、気分がよくなり、会話がスムーズに進みます。

 

相手の魅力の部分を見つけてほめる

チャームポイントやアクセサリー、メイクなど、いいなと思う事を伝えることで、注目してくれていると知り、ほめられて気分よくなると思います。

魅力な部分を積極的にほめていきましょう。

 

謙虚な気配り

知ったかをしない

知ったかぶりをすると、ばれた時が大変です。

知らないことは素直になり、教えてもらうようにしましょう。

かっこ悪くても素直な方が相手にとっては印象が良くなると思います。

 

成功話よりも失敗話で会話を盛る

成功話をしても、相手にとって自慢話に聞こえるので、退屈になります。

笑いながら失敗話を語るほうが、相手は退屈になりづらく親しみやすくなります。

 

あくまでも気配り

 

相手が喜んだとしても見返りを求めた時点で、最悪の印象に変わります。

気配りと見返りは全く違います。

あくまでも気配りです。喜んでもらうために気配りをしましょう。

 

感謝の気配り

感謝を伝える

お土産をもらったり、何かをしてもらったら必ず本人に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

相手もフィードバックがあることで気分が良くなります。

 

 

渡す気配り

メッセージカードを添える

物を渡したりするときメッセージカードを添えるとより好印象です。

その人にあったメッセージカードを送りましょう。

 

アンテナを常に張っておく

贈り物は相手が好きなものを渡す方が、もちろん喜んでくれます。

日頃の会話から好きな食べ物や趣味などをリサーチしておきましょう。

 

食べ物など、なくなるものを送る

とくに異性だと個人的行為と感じられて、色々と面倒になってしまうので、すぐなくなるものを送りましょう。

既婚者や付き合っている方がいる場合は、奥さんと食べてくださいなど、一声かけるようにすると良いです。

 

ストーリーのある手土産にする

テレビで話題のとか、期間限定とか、ストーリーを語れるものの方が、思いが伝わり、好印象です。

 

頼むときの気配り

事前にワンクッション

事前に頼みごとをすることがわかれば、「次回お会いするときにおねがいすることが・・・」などワンクッション入れておくと、

頼むときに話に入りやすいです。

 

選んだ理由をつたえる

「~得意だから教えて」などとあなたにお願いする理由を伝えると、積極的に引き受けてくれると思います。

 

複雑ならわかりやすくメモを添える

複雑な内容ならわかりやすくメモにまとめておくようにしましょう。

相手のミスをなくすようにしましょう。

 

トラブルの時の気配り

言い訳はNG

トラブルが起きたら、自分を守るために言い訳をしがちになってしまいます。

シンプルに申し訳ありません。とお詫びして話しましょう。

 

謝ると同時に感謝の言葉を

失敗したときに、ごめんなさいの後に、「フォローしてくれてありがとう」など、感謝の言葉も入れるようにしましょう。

その方がまっすぐな気持ちが伝わります。

 

相手の感情を悟る

相手が何に対して機嫌が悪くなったかを悟り、先に話がけましょう。

共感してもらえることで、相手の感情が和らぎやすくなります。

 

謝り返し

謝られたら、「こっちこそごめんね」などと謙虚な態度をとるようにしましょう。

そのひと声だけでも相手にとっては響いてくると思います。

 

他にも気配り

 

季節を味わう

季節やイベントに合った小物を飾るようにすると、いろんな方が一緒に季節感を楽しんでくれます。

 

室温チェック

温度の感じ方は人それぞれですが、相手の事を考え「今寒い?軽く温度上げる?」などと先に動くようにしましょう。

適温の方が居心地も当然良くなります。

 

相手の顔を立てる

おごると言われたら、遠慮しつつも相手の思いを尊重して素直におごってもらいましょう。

次回合うときに口頭で感謝を伝えると気分よくなります。

 

さいごに

 

気配りの出来る人になると、当然人に好かれ、人間関係などのトラブル事から回避できます。

スポンサードリンク

シェアをしてみんなに広めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください